商品を長持ちさせるコツ

寿命が極端に短い場合は、以下のような原因が考えられます。

 

切れ味が悪い、切れないと思った時は?

切り込みが深い・送りが速いなど、切断条件が過酷過ぎていませんか?
切込みを何回かに分けて切断し、切込み深さを1回あたり10mm程度で切断する。
または、機械の定格電流値以下で切断する。

 

硬い被削材を切断し続けてませんか?
ダイヤが目つぶれ状態になっていませんか?
軟らかい被削材(一般砥石、軽量ブロック、
軟質コンクリート等)を新しい砥粒が突出するまで切断し、
低速回転をして目立てを行いましょう。

 

ご使用の刃の適用外の被削材を切断しませんでしたか?
商品説明を確認し、適用被削材に従い、適用外のものは切断しないようにしましょう。

 

ダイヤ層や基板が黒く変色してしまっていませんか?
 
切れ味が落ちたブレードで、更に切断を続けた場合に異常発熱した場合に
上の写真のように黒焼けしてしまいます。
切れ味が落ちた時は、まず目立てを行いましょう。

ブレードを冷やす為に無負荷で数十秒間空転させるのもオススメです。

 

ご使用の刃の適用外の被削材を切断しませんでしたか?
商品説明を確認し、適用被削材に従い、適用外のものは切断しないようにしましょう。

 

乾式のブレードで水に濡れた被削材を切断していませんか?
水に濡れた被削材は、乾かしてから切断するようにしてください。

 

機械の回転数が落ちていませんか?
切れ味が落ちたままで過酷な条件で使用を続けると、極端な振動(たたき現象)が起こり危険です。
切れ味が落ちた時は、まず目立てを行いましょう。

ブレードが異常発熱してしまっている場合は、
ブレードを冷やす為に無負荷で数十秒間空転させ冷却させてください。

 

新規会員登録キャンペーン500ポイント(500円相当)プレゼント

 

ダイヤモンドカッター 切断砥石 コアビット 家・住宅・店舗窓ガラス用フィルム

 

メールアドレス

パスワード

ログイン情報を記憶

パスワードをお忘れですか?
新規ご入会はこちら

FAXで注文

福岡・佐賀県にお住いのお客様向け施工メニュー(住宅・店舗窓ガラスフィルム施工、ブロック・フェンス工事)

オリジナル製品キレマンジャロシリーズのカタログ資料請求

 

 

 

表示モード: PC | スマートフォン

 

ページのトップへ戻る